【コラム】勉強する力=生きる力

みなさんこんにちは、夢塾です。

ジメジメする季節となって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。この時期の天候は崩れやすいので折り畳み傘を携行することをおすすめします♪

さて、今回は「なぜ勉強しなくてはならないのか」についてお話していきます。

 

義務教育9年、中等教育(高校)3年

現在、日本の高校進学率は97%を超えており、ほとんどの人が義務教育9年、中等教育3年の計12年を「学校」に通いながら「勉強」しています。

さらに、日本の大学進学率は50%以上で、約2人に1人が大学に行く時代になっています。

なぜ12年以上も勉強する必要があるのでしょうか。基本的な読み書きと、簡単な計算能力があれば人は生きていけますよね。。。

勉強しなくても幸せな人生を歩めるのではないか? そう考える人も少なくないと思います。

確かにその通りです。

しかし、人生をより豊かにし、より楽しいものにしてくれるのが「勉強」なのです。

豊かにする」という点では、

例えば、「勉強をする」能力を高めていけば、社会人になったときに必要な「問題解決力」を養うことができます。

「問題解決力」とは文字通り、「問題を解決する力」を意味します。

社会人になったら、様々なとても難しい問題に出くわします。

「勉強をする」能力が乏しい人は、そのような問題に遭遇したときにとても苦労します。

「勉強をする」能力が乏しいと、問題を解決するときに必要な「論理的思考力」やこうすればこうなるといった「想像力」も培われません。

反対に、「勉強をする能力」が豊富な人はそのような問題に対して解決できる術と力を持っています。

このような人が社会で活躍する可能性が高く、より高い地位に上ることができるのだと思います。

 

また、「勉強をすること」は本当に辛いことで苦しいものだということは間違いありません。

しかしこの苦難を乗り切れる人こそ、その後の人生をより楽しく、より充実したものにできるのだとは思いませんか?

 

 

 

 

 

 

田川市の学習塾 夢塾(ゆめ塾)
住所 田川市夏吉194-18
TEL 0947-23-2592