【コラム】「分かる」と「できる」は違う!?

みなさんこんにちは、夢塾です。

今回は「いかに成績を伸ばすか」についてお話していきます。

 

努力を結果として結びつけるには

「成績を伸ばす」ための基本的な流れは以下の通りになります。

➀インプット:自分の知らない新しい情報を理解し、覚えること

②反復(アウトプット):➀で得た知識を実際に使い、問題をたくさん解いて練習する(この時に、知識の完全な定着が図られる)

③テスト   :定期テストや模試などで自分の力のみで問題を解くことができるようになる=成績が伸びる

 

この3つの手順を適切な量と時間をかけて勉強し実践すれば、成績は必ず向上します。

「成績が思うように伸びない」、「いくら努力してもテストで良い点が取れない」という人は

上記の➀、②のステップが適切に行われていないから、という理由がほとんどだと思います。

➀の手順を踏むとき、留意しなければならないことは、

・情報をしっかりと理解し、分からないことは必ず解決すること

・しっかり理解し、覚えたと思っても、アウトプットをきちんと行うこと

の2点です。

自分を過信し、「分かった」と思ってもそこで終わってはいけません。

実際に問題を解けるようになってはじめて「できる」ようになるのです。

ここまできちんと適切にこなすことが一番重要になります。

「適切」のさじ加減が難しいかもしれませんが、学校の先生や友達に相談しながらやっていけばそれなりの勉強が可能です。

 

②の手順で、気を付けるべきことは、

問題を解くときに、「なぜそうなるのか」「どうしてこれは間違いなのか」「こういう場合はどうなのか」など

常に疑問を持ち続けて、分からないことはそのまま放置しない、ということです。

こういう時に学校の先生や友達、塾の先生などを最大限に有効活用しましょう!

 

ただがむしゃらに勉強をしても意味がありません。

「わからない」から「わかる」へ、「わかる」から「できる」への成功体験(成績の向上)の積み重ねが

「努力を結果として結びつける」最良の勉強法であると考えます。

 

田川市の学習塾 夢塾(ゆめ塾)
住所 田川市夏吉194-18
TEL 0947-23-2592